山行報告‎ > ‎

稲郷沢遡行、ミズヒ沢遡行、ナガレの沢遡行、モミソ沢下降

2014/06/09 2:24 に 杉労HP管理者 が投稿
日程: 2014/5/17-18
メンバー:石井(単独) 
出発当日は起きれるかな~って感じでしたが、今週は睡眠2時間でも奇跡的に目覚めなんとか丹沢の沢旅に出かけてきました。
まずは、1本目は稲郷沢、ネットを見ていてなんとなく奥壁が気になったのでいくことに。渓相は中盤まで堰堤登りが続いて、中盤からは小滝がちらほら、最後の奥壁はやっぱり噂通りの脆さで、結局右岸尾根に逃げてしまいました。
稲郷沢が終わると尾根下降して、今度はミズヒ沢を遡行。いきなりの20m大滝の処理でちょっと事件。巻ききったあとちょこちょこ切って懸垂3回で沢床についたところまではよかったけど、最後は、30mロープで25mほど懸垂。回収ロープで回収しようと思ったら、結構スタックしそうな予感がしたので、どうしたものか?と。降りた場所はゴルジュチックで登りかえしは難しそう・・・。運を天に任せて回収ロープを引く勇気がないので誰か助けてくれないかな~思いながら行動食をたべて休憩したが埓があかないので、結局、はじめの岩壁5mほどは、簡易アッセンダーとルベルソでユマールをして、20mほどは適当にバックアップをとって登ることに。ちょっとした事故でしたが、先週の春岳沢から気になってたルベルソはアッセンダーちっくにつかえるんじゃね??って疑問がすっきりしたのでそれは収穫かと。結論、微妙だが使えなくもない。その後は小滝を楽しみながら鍋割山まで詰め上げ、登山道で戸沢キャンプ場におりて、独り焚き火を楽しみました。
二日目は、ナガレの沢遡行、モミソ沢下降をしました。懸垂で降りればいいやって気楽に考えてましたが、モミソ沢のミニゴルジュは懸垂支点が取りづらくちょっと難儀。最後は懸垂岩で1時間ほど岩トレをして終了。途中道迷い事件もありましたが・・・なんとか。
静かな沢を楽しみたい&できるだけ初見と思って選んだ4本ですが、4本まとめて沢の中であったのは2人組の1Pのみ。予定通りでした。
源次郎沢は都合いけませんでしたが、沢に、焚き火に、クライミングに、お腹いっぱいの2日間でした。
来週も沢かね~♪



1枚目:恒例の入渓の儀式はミズヒ沢大滝で

2枚目:久々のツエルト

3枚目:最後は懸垂岩でちょこっとRCT
Comments