山行報告‎ > ‎

ヤゲン沢↑、檜洞↑↓、ユーシン沢↑

2014/06/09 2:53 に 杉労HP管理者 が投稿
日程:2014-05-31、06-01
メンバー:石井(単独)

ゆる~い沢に泊まりでいってきました。
別件で沢に行きませんか?って誘って頂いたのですが、ちょっと最近疲れ気味なのと、滝の多い沢とのことだったので、足引っ張るのもな~とおもい、結局ソロでゆるっと。

当日は、寝坊?して、予定通りとまではいきませんでしたが、寄から雨山峠を抜けてユーシンへ。ユーシンから、檜洞に入渓して、ザンザ洞出会の先で無理矢理ツエルト張って、ビバークしました。ちょっと大きかったですねツエルト。でも一人なんでわざわざ寒いのにタープにすることもないしと思い。。。結局寒くて、夜は「アルミ袋」のお世話になりました。
檜洞沢は玄倉川流域なので、小川谷と似た感じで、水量があり、泳ぎもちょいちょい楽しめました。落ちてもドボンなボルダーはアグレッシブに攻めれますし、結構楽しかったです。
だーれもいない、静かな沢。ビバーク地では焚き火。闇と炎と沢の音、ぼけーっとするにはちょうどいいシチュエーション。
二日目は朝から焚き火で、ゆっくりスタート。檜洞の残りを遡行して、詰め、ちょっとハイキングをして、
次はヤビキ沢。
ヤビキ沢は、80mナメが有名ですが(一部の間で)、やはり、名高いだけあって(一部のあいだで)、こんなところ丹沢にあるんだな~ってびっくりでした。
最後は折り返し地点でロープで遊んで、沢を下り、西丹沢自然教室におりました。
2本ともすごい癒し系の沢でした。

そろそろ奥多摩の沢にもいこうかな~とおもってたんですけど、
丹沢にもまだまだ行きたい沢ってありすぎて。
思えば自分はずーっとやっていないので岩は下手っぴなまんまだな~・・・とよっしーさんの投稿動画をみて思い出しました。

1枚目:檜洞は明るい沢です



2枚目:スパッと切れた岩で一休み



3枚目:朝から焚き火でまったり過ごす



Comments