山行報告‎ > ‎

越沢バットレス アイゼントレ

2011/12/25 7:27 に Taro Inomata が投稿   [ 2012/02/14 21:27 に更新しました ]
2011/12/11(日)
シモヤマさん(山岳同人マーモット)、タムラさん(山岳同人マーモット)、イノマタ(記)

「越沢でもっともっと強くなろう!」
シーズン前4回目の越沢アイゼントレーニング。
前回を反省し体調を万全にトレーニングに励んだ。

【パーティ編成】
イノマタ、シモヤマさん、タムラさん

【この日の行動】
左ルート(V):1Pシモヤマさん、2Pイノマタ
第二スラブルート(Ⅳ+):2Pタムラさん、3Pイノマタ
お宮のハング:各自1本

この日の目標は第二スラブルート3Pのリード。(苦手なスラブを慣らすトレーニング)
一本目はエンジンをかけるために左ルートに取り付く。

■左ルート(V)
1P目:シモヤマさんリード
朝一なのに日常会話を交えて登るシモヤマさん。さすがであります。

▼1P終了点より

2P目:イノマタリード
2Pは日が当たると超気持ちが良い大好きなピッチ。
クラック上部はいつも苦労する。左のフェースにスタンスを探し、右足はクラックへ乗せる。すると右足が挟まって抜けなくなる(!)
2P終了点に着くと先行パーティから声を掛けられる。「マーモット?下の人、シモヤマさんでしょ」。「私は杉並労山ですが、下の人はマーモットのシモヤマさんです」。
その人はカモの会のSさんという。パートナーは同会のYさん。Sさんはシモヤマさんとは長い付き合いらしい。
カモパーティは懸垂で1P目終了点に降り立つと、我々の予定と同じく第二スラブルートに取り付いていった。

▼クラック中間部のタムラさん

▼第二スラブルート3Pリードのカモの会、Sさん

我々も後を追うように左ルート終了点から1P目終了点へ下降し、第二スラブルートへ取り付く。

■第二スラブルート(Ⅳ+)
2P目:タムラさんリード
第二スラブ下部のテラスを目指し、磐石に進む。

▼離陸するタムラさん

▼タムラさんと一緒に離陸するバッタ

▼2P目終了点テラス目指す。

3P目:イノマタリード
自分の中ではこの日のメインディッシュ。苦手なスラブの練習をしにきたのだ。
オープンブックコースを選択し、テラスから右方向に進む。高度感満点だ。ピンを探し辿りながら歩を進める。
スラブの出口3mほどのところでスタンスに悩み汗だくになる。登ったり降りたりを繰り返して何とか終了点にたどり着く。これで3P目は繰り返せる!

■お宮のハング(アブミトレ)
その後、特訓中のアブミトレーニングのためお宮のハングへ移動。
人工の手順を頭に入れて冷静に対応し、前回より遥かにスムーズに抜けることができた。これも繰り返せねば。

▼ハング出口


3人で1本ずつ登り撤収開始。懸垂ポイントに着くと、カモのYさんが右の滑り台で汗を流していた。
▼右の滑り台

16:00荷物置き場を後にし、鳩ノ巣駅近くの大船屋という飲み屋で飯とする。
カモパーティも入場し、男5人は焼酎をガッパガッパ飲み、全員フラッフラで終電危ぶまれる中央線で帰宅する。

Comments